読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

funblea side story

maplestoryで活動するギルドファンブレアのブログ

メイプルストーリーゆかりサーバーのギルド「funblea」
ギルドテーマソング↓
https://m.youtube.com/watch?v=AgKYutHoHDU

スウvsファンブレア

 

こんばんわ!

最近やっとDAでブラックヘブンに取り掛かったしたマルヴィエです^^

 

f:id:funblea:20170115032929j:plain

めんどくさくてなかなかやらなかった・・・w

 

ただ、ギルドで悠くんとれんたんが「スウいこ!」と誘ってくれるので、急遽やってきました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170313013620j:plain

ベチっ

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170313013638j:plain

これ難しかった・・・

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170313013554j:plain

見事クリア~(∩´∀`)∩

シグナスかわいいやんけ!

 

 

 

 

 

というわけで!!

れんたん、悠くん、俺でスウへさっそく行ってみたのですが・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スウむずい!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はんぱない!!!

 

f:id:funblea:20170313014143j:plain

↑この後死にます。

 

 

 

 

 

 

 

 

1段階、2段階、3段階と・・・

 

かなり生存の難しいコンテンツですね・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

30分に1回入場できるので、ファンブレアで何回もいきました

 

徐々に慣れてきて3段階までは行けるように・・・

 

 

f:id:funblea:20170313014319j:plain

 

 

f:id:funblea:20170313014327j:plain

テイク20とかです。w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くっそおおおお!!絶対倒してやる!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ということで。。。

 

 

 

 

f:id:funblea:20170313014418j:plain

f:id:funblea:20170313014426j:plain

マルヴィエ、寝むたぃ、x聖悠盗賊x、lx黒鴉xl、れんヵたん、PeaceMeyker

 

ファンブレアが誇る最強メンツで行ってまいりました!!!

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170313014524j:plain

絶対倒す!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、あっけなく死亡。

チーン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もう1回wwテイク2www

(カラスさんが落ちたので、ういさんがかわりに来てくれました。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おらっ!!!

 

 

f:id:funblea:20170313014831j:plain

!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170313014744j:plain

 

見事、スウ討伐クリアです!!!

 

生き残ったのは俺と悠くんだけでした。

れんたんとか、あと1センチで5デス・・・惜しい!

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170313015106j:plain

ギルメンからの祝福。ありがとおお

 

次は全員生き残ってクリアしたいな!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結構昔の記事にギルドでスウとか倒したいなーって書いてたのですが

 

それが現実になってしまった!!w

(適当に言ってた)

 

 

こうかんがえると、ファンブレアつよくなったなぁ・・・w

 

 

 

 

 

 

これからも精進がんばっていきましょー!

次はデミアンかな??^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170313015554j:plain

は?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テシュクの、君に届け! 第三回

 

 

 

 

 

テシュク

f:id:funblea:20170309224119j:plain

衣秋(いしゅう)の姉。ビーストテイマー。アホ。

お姉ちゃん(かぜ)を吹かせたい年頃だが、口を開く度にアホが露呈してしまうため、頼りにならない。

 

 

 

 

 衣秋(いしゅう)

f:id:funblea:20170309224152j:plain

テシュクの妹。バトルメイジ。聡明。

最近はとある事情でトナカイの乳を毎日飲んでいる。しっかり者ゆえに、なにかと苦労人な一面も。

 

 

 ----------------

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「スリーピーウッドにやって来た!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋(いしゅう)「今回はお姉ちゃんに頼んで、狩りを手伝って貰います」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「と言うことで、おはこんばんちは! さぁ、やって参りました、【テシュクの、君に届け!】。今回は第三回です」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋(いしゅう)「お姉ちゃん、また前回の収録から猛スピードで第三回を迎えて、色々と無視しているものもあるけど、よかったの?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「平気、平気! とりあえず、何事もなかったかのように収録していくよ!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋(いしゅう)「うん、わかった」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022134j:plain

衣秋(いしゅう) (お便りを貰うのは難しいので、とりあえず第一回のドタバタコメディ感を引き継いでいく、と昨夜、お姉ちゃんからチャットが来てました)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022134j:plain

衣秋(いしゅう) (なぜか拡声器で。本当、お姉ちゃんは謎な行動が多くて困ります。おかげで昨夜はとても恥をかきました)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「衣秋(いしゅう)ぅ、ちょっと休憩しようよ。お姉ちゃん、朝は弱くて、もうずっと欠伸しっぱなしだよ」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022134j:plain

衣秋(いしゅう) (本当に先が思いやられるなぁ。この投稿の企画当初は、飽く迄、私はゲスト。お姉ちゃんがメインパーソナリティー(?)、という立ち位置だったのに、もう少しお姉ちゃんにはしっかりして欲しい)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「そういえば、ねぇ衣秋。今日はなにを狩るの?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋(いしゅう)「実は、Jr.バルログに挑戦したいんだ」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「そ、そのレベルで行くの?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋(いしゅう)「うん。そのためにお姉ちゃんがいるもん」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「別に良いけど、お姉ちゃん、多分一撃だよ」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋(いしゅう)「お姉ちゃんは思考が甘いよ。お姉ちゃんは補助技で私をカバーしてほしい。攻めは、私がやる」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク (第一回めからそうだけど、いちいち(かん)(さわ)るなぁ、この子は)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「わかった、任せて」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋(いしゅう)「それじゃぁ、早速ドレイクの群れを抜けて...」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「あ、衣秋(いしゅう)、ちょっと待った」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋(いしゅう)「ん、なに、お姉ちゃん?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「今回は特別に、タクシーで行こう! お金はお姉ちゃんが払ってあげる!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋(いしゅう)「おぉ...。お姉ちゃんの後ろに後光が見える」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋(いしゅう)「では行きましょう、お姉さま」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「オッケー!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022007j:plain

タクシー「到着しました。代金は1,500,000メルです」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「あれ? 0がふたつ多くないですか?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「ふぅ、やっと着いた。そういえば、この下に屋台があるんだった。ホットドッグを買いに行こう」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022153j:plain

衣秋「おじさん、ホットドッグ下さい。あ、二つお願いします」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「ねぇ衣秋〜、ちょっとお金貸してくれない? って、あれ、衣秋居ないじゃん」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022007j:plain

タクシー「最近、ガソリンが高いし、モンスターもよく出没するようになりましたから。すいませんねぇ」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「も〜! ちょっと、これ今度返すから、ツケといて!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022007j:plain

タクシー「はい、えぇ〜、ギルドに所属されておりますか、わかりました。では、請求はギルドマスターさんに宛てますから。ご利用、ありがとうございました」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「はぁ〜。でも大丈夫、倉庫に行けばお金いっぱいあるもん。あとで寝むたぃさんにチャットで言っておかなきゃ」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「この間、倉庫にいっぱいお金が入ってたから、つい奮発してしまった。残りは私のポケットマネーにしておこう」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「あ、衣秋、どこに行ってたの!? もう、こっちは大変だったんだから!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「お姉ちゃん、ここは敵が出ないハズなんだけど」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「そういうことじゃなくて! タクシーが法外な代金を吹っかけて来たんだよ!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「法外な代金? お姉ちゃん、払ったの?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「いや、倉庫にお金いっぱい預けてるから、あとで取りに行ってから支払うって言ってある」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022134j:plain

衣秋 (!?)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「言うに事欠いて、あのタクシー、寝むたぃさん宛に請求書を送る、みたいなこと言ってて、冗談じゃないっての」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022134j:plain

衣秋 (はわわわわわ)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「って、衣秋が心配することじゃないじゃん、なに青ざめてるの(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「お、お姉ちゃん、私はもう絶対にお姉ちゃんの事を、アホだと笑ったりしない事を此処に誓います」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「え、なに? 意味わかんない。とりあえず寝むたぃさんには、あとで私から連絡しとくから、ほら、行こう?」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「う、うん」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022134j:plain

衣秋 (あの倉庫のお金はお姉ちゃんのお金だったのか。ホットドッグにハマりすぎて、ついホットドッグで散財してしまった...)

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「さぁ、ようやく『呪われた神殿/禁忌の祭壇』に着いたよ!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「って、お姉ちゃん、上、見て...」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「え、上?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「どっひゃー! ほ、ホワイトバルログ!? しかも3体!!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311013826p:plain

ホワイトバルログ「こん」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「しかも何か言ってる。 あと、お姉ちゃん、スカート引っ張らないで」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「衣秋、ここは逃げるが勝ちだよ!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「え、ホワイトバルログってそんなに強いの?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「お姉ちゃんでもなかなか倒せないし、数が多いよ!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「そんな、折角来たのに」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311013826p:plainf:id:funblea:20170311013826p:plainf:id:funblea:20170311013826p:plain

ホワイトバルログ「ボウケンシャ、コロス」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「お、お姉ちゃん、向かってくるよ」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「あ〜もう、というかなんでホワイトバルログがこんなところにいるわけ!? Jr.バルログは!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:funblea:20170311013826p:plainf:id:funblea:20170311013826p:plainf:id:funblea:20170311013826p:plain

ホワイトバルログ「ココ イゴコチ サイコウ。ケサ ジュニアバルログ ハイジョ シタ」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「今朝!? 随分タイムリー過ぎませんかねぇ!」

 

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「お姉ちゃん、追いつかれる...!」

 

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「こうなったら、出てきてポポ!」

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170311022030j:plain

ポポ「あ、テシュク! 今日は何して遊ぶ? ポポはねぇ...」

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「ポポ、今日はあのホワイトバルログを、誰が先に倒せるかで競争だよ!」

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170311022030j:plain

ポポ「ポポ、負けない!」

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170311021954j:plain

エカ「なに、新しい遊びでも思いついた? ふ〜ん、あいつらを先に倒せば勝ちね。ひよっこのテシュクじゃ、100年かかっても出来ないよ」

 

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「いいから助けてってば! ピンチなの!」

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「お姉ちゃん、その動物たちのバランスで、よく200レベルまで上げたね」

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「まだ、あと二匹仲間がいるから」

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「なんというか、ご愁傷様だね」

 

 

 

 

 

 

  

 

f:id:funblea:20170311013826p:plainf:id:funblea:20170311013826p:plainf:id:funblea:20170311013826p:plain

ホワイトバルログ「ドレダケ ナカマ ヨンデモ ムダ ダ」

 

 

 

 

 

  

 

f:id:funblea:20170311013826p:plainf:id:funblea:20170311013826p:plainf:id:funblea:20170311013826p:plain

ホワイトバルログ「ヒヨッコ ノ テシュク トヤラ サキニ コロス」

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170311021954j:plain

エカ「させない!」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022030j:plain

ポポ「ポポも!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドッカーーーン!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「お姉ちゃん、大丈夫!?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022134j:plain

衣秋 (砂煙で何も見えない...!)

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「お姉ちゃん!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「ふぅ、間一髪だった」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311013826p:plainf:id:funblea:20170311013826p:plainf:id:funblea:20170311013826p:plain

ホワイトバルログ「ナカナカ ヤルナ ボウケンシャ。ツギ ハ オボエテイロ」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「お姉ちゃん! よかった、無事なんだね」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「衣秋! 衣秋も大丈夫そうで、よかった。怪我はない?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「大丈夫だよ、お姉ちゃん。それよりも、あっという間だったね」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「うん、みんなのおかげだよ、ありがとうございます、エカ様、ありがとう、ポポ」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022030j:plain

ポポ「エヘヘ」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311021954j:plain

エカ「ふん、テシュクは修行が足りないと思う」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「もうここにはJr.バルログは居ないみたいだし、とりあえず街に戻ろっか?」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「そうだね、私もタクシー代を返さなきゃいけないし」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022134j:plain

 衣秋 (そうだったー!)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

 衣秋「あ、あの、お姉ちゃん...」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311021954j:plain

エカ「みんな、前を見て!」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311025806p:plainf:id:funblea:20170311025831p:plainf:id:funblea:20170311013804j:plainf:id:funblea:20170311025821p:plainf:id:funblea:20170311025842p:plain

Jr.バルログ「俺の縄張りを奪い返すために、仲間をつれて来たぜ」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022030j:plain

ポポ「ポポ、お腹空いたから先に帰るね!」

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311021954j:plain

エカ「私も疲れたから、先に休んでるよ。頑張って、テシュク!」

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311025806p:plainf:id:funblea:20170311025831p:plainf:id:funblea:20170311013804j:plainf:id:funblea:20170311025821p:plainf:id:funblea:20170311025842p:plain

Jr.バルログ「ン、お前たち、俺の縄張りで何をやってる。おまえら、まずはこいつらから叩きのめすぞ」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022109j:plainf:id:funblea:20170311022201j:plain

テシュク&衣秋「...え?」

 

 

破壊祭り

 

こんばんわ~!

ふらふら遊びまわってるマルヴィエです^^

 

 

 

 

 

 

 

 

つい先日 チューチュービレッジにて・・

 

 

 

ギルメンにハードマグナス討伐できるひとが増えてきたので、タイラントマントが余るよねーっと談話

 

 

5星にして売りたいけどなかなかできず、手持ちが圧迫されてるんです!!

 

 

 

 

 

そこで、

えるもん、れんたん、聖さん、ピースさん、俺で集まって強化祭りをすることになりました!!!

 

(しかも普通の装備強化書でいきます)

 

 

 

 

f:id:funblea:20170310191948j:plain

f:id:funblea:20170310192052j:plain

2,3星まではけっこういけたりします

 

f:id:funblea:20170310192112j:plain

フラグ・・

 

f:id:funblea:20170310192134j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170310192147j:plainf:id:funblea:20170310192211j:plain

ぶっ壊れたw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果は、全員全部こわれちゃいました!

タイラントの星強化はメイプルの闇だ・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また更新しまーす!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

f:id:funblea:20170310192353j:plain

ゲロ合戦

 

 

 

テシュクの、君に届け!第二回

 

 

 

 

 

 

 

 

テシュク

f:id:funblea:20170309224119j:plain

衣秋(いしゅう)の姉。ビーストテイマー。単純な思考回路の持ち主で、率直に言うとアホ。
なにやら、裏でギルドメンバーに悪戯をしているらしいが...?

 

 

 

 

 

 

衣秋(いしゅう)

f:id:funblea:20170309224152j:plain

テシュクの妹。バトルメイジ。読書好きが高じて発せられる難しい言葉も、
アホのテシュクの前では、かくも無力である。なにかと苦労人な一面も。

 

 

 

----------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224145j:plain

衣秋(いしゅう)「やっぱりホットドッグは、いつ食べても美味しい」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「あれ、衣秋(いしゅう)?」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋(いしゅう) (ギクっ)

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋(いしゅう)「あ、お姉ちゃん。偶然だね、こんなところで。それじゃ」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「ちょーーーっと、待ちなさい衣秋(いしゅう)。な~んか怪しい。その後ろに隠してるのはなに?」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋(いしゅう)「え、いや、これは、その...」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「もしかして」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋(いしゅう) (ごくり...)

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「今週発売の、“週刊シグナス”!?」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋(いしゅう) (ズコー!)

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋(いしゅう)「お姉ちゃん、ちがうよ」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

 テシュク「じゃぁ何? 変なもん持ち歩いてたら、お姉ちゃん怒るよ?」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224158j:plain

衣秋(いしゅう)「実は、この間言ってたホットドッグ。ほら、これ、食べてたんだ...」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「あら、な~んだ。そうなの」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224158j:plain

衣秋(いしゅう)「お、お姉ちゃん、なにも言わないの?」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「どうして? 好きなんでしょ? だったら遠慮せず、堂々と食べればいいじゃん」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224158j:plain

衣秋(いしゅう)ぐぬぬ、誰のせいでコソコソ食べなきゃいけないはめに...。はぁ~」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「あ、そういえば衣秋(いしゅう)。この間の雑談枠、あったじゃん?」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋(いしゅう)「ん、え? あぁ、うん」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「実はあの後、寝むたぃさんやエルモさんから反響があって!」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋(いしゅう)「ふ、ふ~ん。それで? いやな予感しかしないけど...」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「ふふん♪ 第二回雑談枠、いや、この雑談枠自体の連続投稿が、決まったの!!」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋(いしゅう) (い、イヤだ...)

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋(いしゅう)「そっか、お姉ちゃん、いい性格してるもんね(嫌味)。私も投稿を楽しみにしてるよ。それじゃ、ひとりで頑張って」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「衣秋(いしゅう)も出るんだよ?」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋(いしゅう)「...え、でもお姉ちゃん面白かったんでしょ? だったらお姉ちゃんだけでいいじゃない。毎回ゲストの方をギルドの中で決めて...」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「いやぁ、それがなんでも、衣秋(いしゅう)が可愛い、っていう声が多かったみたいでさ~。お姉ちゃんとしては、少し腑に落ちないんだけど、だから、衣秋(いしゅう)も出てくれないとダメなんだよねぇ」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋(いしゅう) (ますますイヤだ...!)

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋(いしゅう)「そ、それにほら、私よりももっと声の大きい人もいるし、機転の利く人だっているでしょ? マルヴィエさんとかに出てもらおうよ」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「たしかに、衣秋(いしゅう)は声が小さいし、胸も小さいし、気も小さいんだけど、でも私の自慢の妹だしさ。ここは、なんとしてでもお願い! 衣秋(いしゅう)ぅ~!」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋(いしゅう)「くっ、この際、胸は関係ないけど、お姉ちゃんがどうしてもって私に頭を下げるんだったら、“大変”不本意だけど、ちょうど来週までヒマだったし、別にいいよ」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「本当!? わぁ、助かるよ衣秋(いしゅう)! そしたら...!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain


テシュク「おはこんばんちわ! さぁやってまいりました。【テシュクの、君に届け!】のコーナー。今日は、第二回です」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋 (結局、来てしまった...)

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「お姉ちゃん、その『おはこんばんちは』っていうの、恥ずかしいから変えて欲しいんだけど...」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「う~ん、お姉ちゃんも正直恥ずかしいよ? でも、この投稿を、誰がいつ見てるか分からないから、挨拶は全部しなきゃ! って思うんだよねぇ」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「は、はぁ。」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋 (困った。既にもう帰りたい。正直、お姉ちゃんと話してると、謎に体力を消耗するんだよね...)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「それで、お姉ちゃん。今回は第二回目だけど、今日は何するの? この間みたいにスタジオを滅茶苦茶にしないでよ...?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「あれは衣秋がケンカ売ってきたんじゃん。私を100%悪者にしないでよね」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「さて、このコーナーでは、わたくしテシュクと、妹の衣秋と一緒に、笑いアリ・涙アリのドラマチックな雑談を目指して、楽しい対話形式でお話しをしていく、というコーナーです」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「お姉ちゃん、これ前回の収録からあんまり日が経ってないけど、話のネタとか大丈夫なの?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「ん~、お姉ちゃんもソレ考えたんだけどねぇ。ほら、まだギルドのみんなに浸透してない感あるじゃん?(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「ま、まぁ、まだ二回目だし、それは否めないけど」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「でしょ? んで、とりあえず次の投稿までに、なにかお便りとかもらって、読み上げるってのはどうかな、って!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「え、これ、ラジオ番組なの?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「違うけど、そうでもしなきゃさすがにこれ、続かないのは私でも分かるよ...」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「まぁ、ギルドメンバー、今たくさん居られますし、誰かしら、何かお便りをくれるかも...?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋 (あぁ、ごめんなさい皆さん。最近、お姉ちゃんはちょっとアレなんです...。でも、もし興味がある方はお便りを下さると、うれしいです。)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「お題はこの投稿の最後か、あるいは私たちが会話の中で出してもいいよね」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「じゃぁ、とりあえず今日のテーマは、次の投稿へ向けての構想を練る、といったところかな」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「まぁ、そんな感じ♪」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「あ、それより」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「ん、どうしたのお姉ちゃん?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「衣秋、今日はあんまり元気ないみたいだけど、ん~、なにかあった?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「いや、私はいつもどおりだと思うよ、お姉ちゃん」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「う~ん、そっか!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋 (お姉ちゃんはどうしてこう、相変わらず単純なんだろう)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「なにか言った?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「いや、なにも」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「ふ~ん。あ、ねぇ、そういえば衣秋!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「ん、なに?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「今日発売の、“週刊シグナス”、もう読んだ!?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「週刊シグナス...。ファッション雑誌だっけ、でもアレ...」

 

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「表紙の春服モデルのシグナス女王様が、すっごく可愛いんだよ!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「まぁ、たしかにシグナス様はキレイだけど、たしかあの雑誌」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「お姉ちゃん、じつはまだ一回も読んだことがなくて、友達に勧められたんだけどさ、はぁ~、読んでみたいなぁ」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「で、でもシグナス様って、たしか女の子が...」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「その友達も、シグナス女王様のファンで、*エレヴ・スカイウォーカーズのライブには、必ず参戦してるんだって!」

 

*エレヴ・スカイウォーカーズとは?

Vocal/Dance (ボーカル・ダンス):シグナス
Vocal/Chorus/Dance (ボーカル・コーラス・ダンス):オズ
E・Guitar (エレキギター):ナインハート
A・Guitar (アコースティックギター):イリーナ
Bass (ベース):イカルト
Drums (ドラム):ホークアイ
DJ (ディスクジョッキー):ミハエル

上記の7人の精鋭で活動する、バンド、エレクトリック・ダンスユニットである。
メンバー全員が、個別に、プロ契約を結んでいるという超絶プロ集団であり、動画共有サイト、ピコピコ動画にて2017年4月に話題になり、現在も人気急上昇中のグループだ。
DJを担当するミハエルは、ライブパフォーマンスの一環として、上半身裸になるのが、ファンの間では人気である。
現在、3枚のシングルと2枚のアルバムをリリースしている。(Mikipediaより抜粋)

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「あぁ~、シグナス様は歌とダンスでテレビに出てるもんね。でもたしかシグナス様ってレズ...」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「あ、そういえば衣秋。あれからレベル上がった?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「え、あ、レベル...? うん、まぁ少しは」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋 (うぅ、言えない...! あの雑誌は、ファッション誌だけど、女性同士の恋愛がテーマの成人誌だ、なんて、私からはとても...!)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「ん? 衣秋、顔が赤いよ。熱でもある? やっぱり元気ないんじゃ...?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「あ、いや、大丈夫」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋 (そもそも、わたしも友達から聞いただけでよく知らないし、これ以上深く突っ込まなければ、大丈夫。たぶん...)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「それじゃぁ今日は...」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「今日は?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「衣秋、衣秋は最近なにか、恥ずかしい失敗とかした?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「恥ずかしい失敗...?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋 (!?)

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「絶対言わない」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「え、なに!? ねぇ教えて衣秋!! お願いお願い!」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「イヤだ、言わない。死んでも言わない」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「これを読んでくれているメンバーの方もきっと知りたいと思ってるから、そこをなんとか!」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「...お姉ちゃんから先に教えてくれたら、いいよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「は? 絶対言わないから」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「おかしくない!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「というか、お姉ちゃんみたいに人生を慎重に生きてる人は、そんな失敗しないもん」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「へぇ~。じゃぁ、私が知ってるお姉ちゃんの秘密、ここで言っちゃうよ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「蜂蜜だか、黒蜜だか知らないけど、いいよ、言ってみな」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「お姉ちゃん、この間、れんヵさんの愛用してる猫ちゃんスリッパの中に、エリクサーを流し込んで遊んで」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「わあぁ、っと、衣秋、もう二度とホットドッグを食べられなくなるのが嫌だったら、ちょっと黙っとこうねぇ(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋 (!?)

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋 (う、うん)コクコク

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「ちなみにそれ、どこで見たの」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「ぷはっ。試験の塔の入り口で、れんヵさんが装備を整えてるときだよ。私はポータルの光に紛れて、こっそり見てたんだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「...」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224129j:plain

テシュク (にこっ)

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「ま、待ってお姉ちゃん、アレ、これ、いつかのデジャヴ...!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 


ドッカーーーン!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain


衣秋「けほ、けほ。またこの展開...」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「さて、衣秋。あとでホットドッグ、“死ぬほど”ご馳走してあげるね♪」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「うぅ、ごめんなさい...」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「お姉ちゃんこの間の第一回のあと、寝むたぃさんに怒られたんだからね(怒)」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「ということで、次回の投稿は不定期ですが、今回より、リスナー(?)の皆様から、お便りを募集いたします。今回の募集内容は、『失敗談』。

中の人の実話でも良いですし、『自分のキャラならこういう失敗をしそうだ』という妄想でもかまいません。応募方法は、コメント欄にて、①キャラ名 ②テーマ をお書きの上、ご応募お願い申し上げます。皆さんの楽しいお便りをお待ちしております。それでは、次回の投稿でお会いしましょう~」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「ちょっと、わたしの話聞いてるのー!」

 

 

 

テシュクの、君に届け!第1回(仮)

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「おはこんばんちわ! さて、やってまいりました。

     【テシュクの、君に届け!】のコーナー。今日は、第1回です!」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋 ( いしゅう ) 「お姉ちゃん、なにそのコーナー。あと、冒頭からアホ丸出しだよ」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「え、【テシュクの、君に届け!】っていう、雑談独り言枠だよ?」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋 ( いしゅう ) 「そもそも第1回って、これ、この先も続くの? 止めておいたほうが良いよ。お姉ちゃん、トーク下手だもん」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「そ、そんなことないよ、秋衣! わたしだってYDK(やれば出来る子)なんだもん! この雑談枠を、きっと盛り上げて見せるよ!」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋 ( いしゅう ) 「はぁ~、先が思いやられるなぁ。というか、そんな雑談するだけの、くだらない枠を作っちゃって、あとでマスターさんたちに怒られても、知らないからね~」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「だいじょうぶ、だいじょうぶ~。面白ければ、認めてくれるって!」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「あ、そう。それで? これが続くか続かないかはいいとして、今回は何をするの? お姉ちゃん、前回に記事を書いたときは、テーマソングの解説を、ヤニングスみたいな熱演といった風で、数え切れないくらいの文字を書き起こしていたじゃない」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「衣秋は、時々カタブツな物言いをするよね。ヤニングスってな~に? 人の名前? とりあえず今日は第1回だから、お姉ちゃんの自己紹介でもしようかなって!」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「ヤニングスはドイツの俳優で、第1回アカデミー賞男優賞をとった人物だよ、お姉ちゃん。もっとも、私が彼の...」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「あ~、うるさいうるさい」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「なによ、お姉ちゃんから聞いてきたくせに」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「自己紹介するんだけど、せっかく二人いるんだから、お互い質問しあって進めていこうよ!」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「うえぇ~。わたしもやるの?」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「・・・? うん!」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「はぁ。メンドクサイけど、いまヒマだし、いいよ」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「それじゃぁ! さっそく、衣秋に聞いていくよー!」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「え!? さっそく過ぎない!?」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「衣秋の職業は、なんですか! それと、今の狩場はどこがメインですか!」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋(これは、稀に見る、ノンストップオネエチャンモードだ。ま、まだココロの準備が...) 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「えっと、職業は、バトルメイジ。いまの狩場は、スリーピーウッドのドレイク、かな」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「レベルは?」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「ついさっき、58になったんだ。えへへ」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「58かぁ~。まだまだ精進が足りないなぁ。ね、お姉ちゃんにも色々聞いてよ!」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「精進が足りないのは、お姉ちゃんもだよ。マスターの寝むたぃさんに、よく火力のことで言われているじゃない。その度に、私は 忸怩 ( じくじ ) たる思いで胸が張り裂けそうになる」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「ん~?なかなか難しい言葉を使うね...。まぁまぁ、そんなことはどうだっていいじゃん(笑)。これからだよ、KO★RE★KA★RA★」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「呑気だなぁ、お姉ちゃんは。そういえば、お姉ちゃんは魔法使いだけど、どんな魔法を使うの?」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「お、良い質問だね! お姉ちゃんはねぇ、ビーストテイマーなんだ!」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「ビーストテイマー、聞いたことある。動物を使うんだよね、たしか」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「そうだよ! 今日は時間がなくて紹介できないけど、個性的な仲間たちなんだ!」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「ふ~ん。お姉ちゃんは狩りをしていないときって、普段なにをしてるの?」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「う~ん、ワケもなくイチゴ牛乳を使ったり、次元の鏡で行き先だけを眺めていたり、エカさまに掴まって、街の端から端までジャンプしたりしてるよ(実話)」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

 衣秋「お姉ちゃんって、けっこうヒマ人なんだね。寿命の無駄遣いだよ、それ」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「ひどいなぁ衣秋。狩りのストレスから開放されるには、それぐらい頭空っぽにしなくちゃダメなんだよ」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

 衣秋「いくらなんでも怠けすぎ。はぁ。寝むたぃさんに知られたら、きっと呆れるだろうなぁ」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「そんなら、そう言う衣秋は、なにしてんの?」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「私はお姉ちゃんみたいにヒマじゃないので、狩りにやる気がないときは、 ( もっぱ ) ら、フィールドワークをしてるよ」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「ふぃーるどわーく?」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「私の場合は、モンスターに触れない位置で、モンスターの生態や行動パターンを把握しているんだよ」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「わざわざそんなことするなら、狩ればいいのに」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「さっきも言ったけど、やる気がない時、だよ。フィールドワークで得た知識を、次の狩りに生かすの。体力を温存できる様になるし、素早いレベルアップにも繋がる。とても生産的で、効率的」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「むぅ。なんだか負けた気分だ。そんな衣秋に、意地悪な質問をしちゃおう」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「お姉ちゃん、変な企みはやめて」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「じゃぁ、自己紹介の続きということで、衣秋の好きな食べ物はなに?」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「食べ物。んん、色々あるけど、仕方なくひとつに絞るなら、この間スリーピーウッドの奥で見つけた、屋台で売ってるホットドッグ。あれはすごく美味しかった。また食べたい」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「ホットドッグ!? 衣秋って、私より偉そうなのに、味覚はおこちゃまだなぁ」

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋「!?」

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「そんなことない...!」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「あれ、衣秋、怒ってるの?(笑)」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「怒ってない。でもこの間、お姉ちゃん、カニングシティの裏道の壁に、エルモさんの落書き描いてた。お姉ちゃん、絵も下手」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「わ! 衣秋、そんなこと、ここで言わないで!」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「あれ、お姉ちゃん、なに慌ててるの? 私は正直に話しただけだよ」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「くぅ~! 言わせておけば...!!!」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「あ、お姉ちゃん、こんなところで魔法を使わないで...!」

 

 

 

 

 


ドッカーン!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain
衣秋「あうぅ、こんなはずでは...」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「ごめんごめん、やりすぎちゃった(笑)」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「もう、自己紹介どころじゃないよ、お姉ちゃん」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「ま、まぁ、こんな感じで、第二回も、よろしくお願いしま~す(笑)」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「あぁ、寝むたぃさん。怒るなら、どうかお姉ちゃんだけにしてください...」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「あ、ねぇこれ、第二回目の枠、もらえるのかな?」

 

 

 

f:id:funblea:20170308225714j:plain

衣秋「...私に聞かないで(怒)」

 

 

3月5日イベント報告!

 

さっき退院したばっかでテンションあがってるえるもです こねちわっ・w・

 

 

 

 

 

今回もイベント記事書いていくよー!!!!

 

 

さてさて、今回は3月5日にギルド集会が開かれましたねー!

 

 

 

ファンブレ新規さんもたくさん来てくれたり、チコクの人とかもいたけど

最終的に参加人数19人という大盛況っぷりでした! いや~大変ありがたいです><

 

 

 

 

文字ばっかりだとあきちゃうのでSS交えながら見ていきましょうかねww

 

では続きよりどうぞ

 

続きを読む

おっしゃーファンブレア!

 

こんばんわ!

新しくギルドに加入した人も増えて、イキイキしてるマルヴィエです^^

 

 

f:id:funblea:20170308190551j:plain

ピースさんとツーショット!

 

f:id:funblea:20170308190703j:plain

ふわふわの表情すると目が飛び出る(軽くホラー)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近はファンブレアの皆で動くことが多いので、活動記録を今日もぺたぺたしていきますー!!

 

 

 

 

 

 

 

まず、マルシィ、九ちゃんの名もなき前提を、ぷにゃとれんたんが手伝ってくれました!

 

f:id:funblea:20170308190913j:plain

f:id:funblea:20170308190931j:plain

ぷにゃがやたら落ちるので原因を考えていたところ・・・

 

 

 

 

どうやら、マルシィの全体攻撃が重かったみたい!

(カンナのスキル派手だもんね)

 

 

 

 

自重すると見せかけて、マルシィはいたずらっ子なので撃っちゃいます

f:id:funblea:20170308191121j:plain

ちょっとドSなマルシィでした^-^

 

 

 

 

 

 

そのまま順調に進んで・・・

 

f:id:funblea:20170308191235j:plain

マルシィかっこいいでしょ^-^

 

f:id:funblea:20170308191323j:plain

リノちゃんほんと悪い顔する

 

f:id:funblea:20170308191338j:plain

マルシィ泣いちゃう・・・

 

f:id:funblea:20170308191700j:plain

カオバイバイ

 

 

 

 

 

 

見事前提クリアです!

みんなありがと^-^

byマルシィ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お次に、搭へいってきました!

こちらわ毎日の恒例行事にしたいくらいですね~!

 

f:id:funblea:20170308191932j:plain

イメチェンした忍c

黒くなりました。本人曰く、黒き聖職者とのこと。厨二極めてんな!

たぃとキャラかぶってない!?w

 

 

f:id:funblea:20170308192120j:plain

この日は、テシュク、れんたん、ぷにゃ、ゆきちゃん、がぅ、俺で搭行きました!

 

 

f:id:funblea:20170308192202j:plain

レベ差があって大変だったりしたけど、難なくクリアw

 

 

 

 

また行きまっしょ~!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから搭とか統合増やして、どんどん皆で強くなってこ~!

俺も暇人なんで←いつでも誘ってくださいね!

 

 

 

 

また更新しまーす!