funblea side story

maplestoryで活動するギルドファンブレアのブログ

メイプルストーリーゆかりサーバーのギルド「funblea」
ギルドテーマソング↓
https://m.youtube.com/watch?v=AgKYutHoHDU

テシュクの、君に届け!第二回

 

 

 

 

 

 

 

 

テシュク

f:id:funblea:20170309224119j:plain

衣秋(いしゅう)の姉。ビーストテイマー。単純な思考回路の持ち主で、率直に言うとアホ。
なにやら、裏でギルドメンバーに悪戯をしているらしいが...?

 

 

 

 

 

 

衣秋(いしゅう)

f:id:funblea:20170309224152j:plain

テシュクの妹。バトルメイジ。読書好きが高じて発せられる難しい言葉も、
アホのテシュクの前では、かくも無力である。なにかと苦労人な一面も。

 

 

 

----------

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224145j:plain

衣秋(いしゅう)「やっぱりホットドッグは、いつ食べても美味しい」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「あれ、衣秋(いしゅう)?」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋(いしゅう) (ギクっ)

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋(いしゅう)「あ、お姉ちゃん。偶然だね、こんなところで。それじゃ」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「ちょーーーっと、待ちなさい衣秋(いしゅう)。な~んか怪しい。その後ろに隠してるのはなに?」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋(いしゅう)「え、いや、これは、その...」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「もしかして」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋(いしゅう) (ごくり...)

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「今週発売の、“週刊シグナス”!?」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋(いしゅう) (ズコー!)

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋(いしゅう)「お姉ちゃん、ちがうよ」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

 テシュク「じゃぁ何? 変なもん持ち歩いてたら、お姉ちゃん怒るよ?」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224158j:plain

衣秋(いしゅう)「実は、この間言ってたホットドッグ。ほら、これ、食べてたんだ...」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「あら、な~んだ。そうなの」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224158j:plain

衣秋(いしゅう)「お、お姉ちゃん、なにも言わないの?」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「どうして? 好きなんでしょ? だったら遠慮せず、堂々と食べればいいじゃん」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224158j:plain

衣秋(いしゅう)ぐぬぬ、誰のせいでコソコソ食べなきゃいけないはめに...。はぁ~」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「あ、そういえば衣秋(いしゅう)。この間の雑談枠、あったじゃん?」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋(いしゅう)「ん、え? あぁ、うん」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「実はあの後、寝むたぃさんやエルモさんから反響があって!」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋(いしゅう)「ふ、ふ~ん。それで? いやな予感しかしないけど...」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「ふふん♪ 第二回雑談枠、いや、この雑談枠自体の連続投稿が、決まったの!!」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋(いしゅう) (い、イヤだ...)

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋(いしゅう)「そっか、お姉ちゃん、いい性格してるもんね(嫌味)。私も投稿を楽しみにしてるよ。それじゃ、ひとりで頑張って」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「衣秋(いしゅう)も出るんだよ?」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋(いしゅう)「...え、でもお姉ちゃん面白かったんでしょ? だったらお姉ちゃんだけでいいじゃない。毎回ゲストの方をギルドの中で決めて...」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「いやぁ、それがなんでも、衣秋(いしゅう)が可愛い、っていう声が多かったみたいでさ~。お姉ちゃんとしては、少し腑に落ちないんだけど、だから、衣秋(いしゅう)も出てくれないとダメなんだよねぇ」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋(いしゅう) (ますますイヤだ...!)

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋(いしゅう)「そ、それにほら、私よりももっと声の大きい人もいるし、機転の利く人だっているでしょ? マルヴィエさんとかに出てもらおうよ」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「たしかに、衣秋(いしゅう)は声が小さいし、胸も小さいし、気も小さいんだけど、でも私の自慢の妹だしさ。ここは、なんとしてでもお願い! 衣秋(いしゅう)ぅ~!」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋(いしゅう)「くっ、この際、胸は関係ないけど、お姉ちゃんがどうしてもって私に頭を下げるんだったら、“大変”不本意だけど、ちょうど来週までヒマだったし、別にいいよ」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225743j:plain

テシュク「本当!? わぁ、助かるよ衣秋(いしゅう)! そしたら...!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain


テシュク「おはこんばんちわ! さぁやってまいりました。【テシュクの、君に届け!】のコーナー。今日は、第二回です」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋 (結局、来てしまった...)

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「お姉ちゃん、その『おはこんばんちは』っていうの、恥ずかしいから変えて欲しいんだけど...」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「う~ん、お姉ちゃんも正直恥ずかしいよ? でも、この投稿を、誰がいつ見てるか分からないから、挨拶は全部しなきゃ! って思うんだよねぇ」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「は、はぁ。」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋 (困った。既にもう帰りたい。正直、お姉ちゃんと話してると、謎に体力を消耗するんだよね...)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「それで、お姉ちゃん。今回は第二回目だけど、今日は何するの? この間みたいにスタジオを滅茶苦茶にしないでよ...?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「あれは衣秋がケンカ売ってきたんじゃん。私を100%悪者にしないでよね」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「さて、このコーナーでは、わたくしテシュクと、妹の衣秋と一緒に、笑いアリ・涙アリのドラマチックな雑談を目指して、楽しい対話形式でお話しをしていく、というコーナーです」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「お姉ちゃん、これ前回の収録からあんまり日が経ってないけど、話のネタとか大丈夫なの?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「ん~、お姉ちゃんもソレ考えたんだけどねぇ。ほら、まだギルドのみんなに浸透してない感あるじゃん?(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「ま、まぁ、まだ二回目だし、それは否めないけど」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「でしょ? んで、とりあえず次の投稿までに、なにかお便りとかもらって、読み上げるってのはどうかな、って!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「え、これ、ラジオ番組なの?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「違うけど、そうでもしなきゃさすがにこれ、続かないのは私でも分かるよ...」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「まぁ、ギルドメンバー、今たくさん居られますし、誰かしら、何かお便りをくれるかも...?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋 (あぁ、ごめんなさい皆さん。最近、お姉ちゃんはちょっとアレなんです...。でも、もし興味がある方はお便りを下さると、うれしいです。)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「お題はこの投稿の最後か、あるいは私たちが会話の中で出してもいいよね」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「じゃぁ、とりあえず今日のテーマは、次の投稿へ向けての構想を練る、といったところかな」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「まぁ、そんな感じ♪」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「あ、それより」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「ん、どうしたのお姉ちゃん?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「衣秋、今日はあんまり元気ないみたいだけど、ん~、なにかあった?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「いや、私はいつもどおりだと思うよ、お姉ちゃん」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「う~ん、そっか!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋 (お姉ちゃんはどうしてこう、相変わらず単純なんだろう)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「なにか言った?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「いや、なにも」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「ふ~ん。あ、ねぇ、そういえば衣秋!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「ん、なに?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「今日発売の、“週刊シグナス”、もう読んだ!?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「週刊シグナス...。ファッション雑誌だっけ、でもアレ...」

 

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「表紙の春服モデルのシグナス女王様が、すっごく可愛いんだよ!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「まぁ、たしかにシグナス様はキレイだけど、たしかあの雑誌」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「お姉ちゃん、じつはまだ一回も読んだことがなくて、友達に勧められたんだけどさ、はぁ~、読んでみたいなぁ」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「で、でもシグナス様って、たしか女の子が...」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「その友達も、シグナス女王様のファンで、*エレヴ・スカイウォーカーズのライブには、必ず参戦してるんだって!」

 

*エレヴ・スカイウォーカーズとは?

Vocal/Dance (ボーカル・ダンス):シグナス
Vocal/Chorus/Dance (ボーカル・コーラス・ダンス):オズ
E・Guitar (エレキギター):ナインハート
A・Guitar (アコースティックギター):イリーナ
Bass (ベース):イカルト
Drums (ドラム):ホークアイ
DJ (ディスクジョッキー):ミハエル

上記の7人の精鋭で活動する、バンド、エレクトリック・ダンスユニットである。
メンバー全員が、個別に、プロ契約を結んでいるという超絶プロ集団であり、動画共有サイト、ピコピコ動画にて2017年4月に話題になり、現在も人気急上昇中のグループだ。
DJを担当するミハエルは、ライブパフォーマンスの一環として、上半身裸になるのが、ファンの間では人気である。
現在、3枚のシングルと2枚のアルバムをリリースしている。(Mikipediaより抜粋)

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「あぁ~、シグナス様は歌とダンスでテレビに出てるもんね。でもたしかシグナス様ってレズ...」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「あ、そういえば衣秋。あれからレベル上がった?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「え、あ、レベル...? うん、まぁ少しは」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋 (うぅ、言えない...! あの雑誌は、ファッション誌だけど、女性同士の恋愛がテーマの成人誌だ、なんて、私からはとても...!)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「ん? 衣秋、顔が赤いよ。熱でもある? やっぱり元気ないんじゃ...?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「あ、いや、大丈夫」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋 (そもそも、わたしも友達から聞いただけでよく知らないし、これ以上深く突っ込まなければ、大丈夫。たぶん...)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「それじゃぁ今日は...」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「今日は?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「衣秋、衣秋は最近なにか、恥ずかしい失敗とかした?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「恥ずかしい失敗...?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋 (!?)

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「絶対言わない」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「え、なに!? ねぇ教えて衣秋!! お願いお願い!」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「イヤだ、言わない。死んでも言わない」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「これを読んでくれているメンバーの方もきっと知りたいと思ってるから、そこをなんとか!」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「...お姉ちゃんから先に教えてくれたら、いいよ」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「は? 絶対言わないから」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「おかしくない!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「というか、お姉ちゃんみたいに人生を慎重に生きてる人は、そんな失敗しないもん」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「へぇ~。じゃぁ、私が知ってるお姉ちゃんの秘密、ここで言っちゃうよ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「蜂蜜だか、黒蜜だか知らないけど、いいよ、言ってみな」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「お姉ちゃん、この間、れんヵさんの愛用してる猫ちゃんスリッパの中に、エリクサーを流し込んで遊んで」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「わあぁ、っと、衣秋、もう二度とホットドッグを食べられなくなるのが嫌だったら、ちょっと黙っとこうねぇ(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋 (!?)

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225706j:plain

衣秋 (う、うん)コクコク

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「ちなみにそれ、どこで見たの」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「ぷはっ。試験の塔の入り口で、れんヵさんが装備を整えてるときだよ。私はポータルの光に紛れて、こっそり見てたんだ」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「...」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224129j:plain

テシュク (にこっ)

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「ま、待ってお姉ちゃん、アレ、これ、いつかのデジャヴ...!!!」

 

 

 

 

 

 

 

 


ドッカーーーン!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain


衣秋「けほ、けほ。またこの展開...」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「さて、衣秋。あとでホットドッグ、“死ぬほど”ご馳走してあげるね♪」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「うぅ、ごめんなさい...」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「お姉ちゃんこの間の第一回のあと、寝むたぃさんに怒られたんだからね(怒)」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170308225644j:plain

衣秋「ということで、次回の投稿は不定期ですが、今回より、リスナー(?)の皆様から、お便りを募集いたします。今回の募集内容は、『失敗談』。

中の人の実話でも良いですし、『自分のキャラならこういう失敗をしそうだ』という妄想でもかまいません。応募方法は、コメント欄にて、①キャラ名 ②テーマ をお書きの上、ご応募お願い申し上げます。皆さんの楽しいお便りをお待ちしております。それでは、次回の投稿でお会いしましょう~」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170309224119j:plain

テシュク「ちょっと、わたしの話聞いてるのー!」