funblea side story

maplestoryで活動するギルドファンブレアのブログ

メイプルストーリーゆかりサーバーのギルド「funblea」
ギルドテーマソング↓
https://m.youtube.com/watch?v=AgKYutHoHDU

テシュクの、君に届け! 第三回

 

 

 

 

 

テシュク

f:id:funblea:20170309224119j:plain

衣秋(いしゅう)の姉。ビーストテイマー。アホ。

お姉ちゃん(かぜ)を吹かせたい年頃だが、口を開く度にアホが露呈してしまうため、頼りにならない。

 

 

 

 

 衣秋(いしゅう)

f:id:funblea:20170309224152j:plain

テシュクの妹。バトルメイジ。聡明。

最近はとある事情でトナカイの乳を毎日飲んでいる。しっかり者ゆえに、なにかと苦労人な一面も。

 

 

 ----------------

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「スリーピーウッドにやって来た!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋(いしゅう)「今回はお姉ちゃんに頼んで、狩りを手伝って貰います」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「と言うことで、おはこんばんちは! さぁ、やって参りました、【テシュクの、君に届け!】。今回は第三回です」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋(いしゅう)「お姉ちゃん、また前回の収録から猛スピードで第三回を迎えて、色々と無視しているものもあるけど、よかったの?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「平気、平気! とりあえず、何事もなかったかのように収録していくよ!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋(いしゅう)「うん、わかった」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022134j:plain

衣秋(いしゅう) (お便りを貰うのは難しいので、とりあえず第一回のドタバタコメディ感を引き継いでいく、と昨夜、お姉ちゃんからチャットが来てました)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022134j:plain

衣秋(いしゅう) (なぜか拡声器で。本当、お姉ちゃんは謎な行動が多くて困ります。おかげで昨夜はとても恥をかきました)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「衣秋(いしゅう)ぅ、ちょっと休憩しようよ。お姉ちゃん、朝は弱くて、もうずっと欠伸しっぱなしだよ」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022134j:plain

衣秋(いしゅう) (本当に先が思いやられるなぁ。この投稿の企画当初は、飽く迄、私はゲスト。お姉ちゃんがメインパーソナリティー(?)、という立ち位置だったのに、もう少しお姉ちゃんにはしっかりして欲しい)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「そういえば、ねぇ衣秋。今日はなにを狩るの?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋(いしゅう)「実は、Jr.バルログに挑戦したいんだ」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「そ、そのレベルで行くの?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋(いしゅう)「うん。そのためにお姉ちゃんがいるもん」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「別に良いけど、お姉ちゃん、多分一撃だよ」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋(いしゅう)「お姉ちゃんは思考が甘いよ。お姉ちゃんは補助技で私をカバーしてほしい。攻めは、私がやる」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク (第一回めからそうだけど、いちいち(かん)(さわ)るなぁ、この子は)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「わかった、任せて」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋(いしゅう)「それじゃぁ、早速ドレイクの群れを抜けて...」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「あ、衣秋(いしゅう)、ちょっと待った」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋(いしゅう)「ん、なに、お姉ちゃん?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「今回は特別に、タクシーで行こう! お金はお姉ちゃんが払ってあげる!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋(いしゅう)「おぉ...。お姉ちゃんの後ろに後光が見える」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋(いしゅう)「では行きましょう、お姉さま」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「オッケー!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022007j:plain

タクシー「到着しました。代金は1,500,000メルです」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「あれ? 0がふたつ多くないですか?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「ふぅ、やっと着いた。そういえば、この下に屋台があるんだった。ホットドッグを買いに行こう」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022153j:plain

衣秋「おじさん、ホットドッグ下さい。あ、二つお願いします」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「ねぇ衣秋〜、ちょっとお金貸してくれない? って、あれ、衣秋居ないじゃん」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022007j:plain

タクシー「最近、ガソリンが高いし、モンスターもよく出没するようになりましたから。すいませんねぇ」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「も〜! ちょっと、これ今度返すから、ツケといて!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022007j:plain

タクシー「はい、えぇ〜、ギルドに所属されておりますか、わかりました。では、請求はギルドマスターさんに宛てますから。ご利用、ありがとうございました」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「はぁ〜。でも大丈夫、倉庫に行けばお金いっぱいあるもん。あとで寝むたぃさんにチャットで言っておかなきゃ」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「この間、倉庫にいっぱいお金が入ってたから、つい奮発してしまった。残りは私のポケットマネーにしておこう」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「あ、衣秋、どこに行ってたの!? もう、こっちは大変だったんだから!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「お姉ちゃん、ここは敵が出ないハズなんだけど」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「そういうことじゃなくて! タクシーが法外な代金を吹っかけて来たんだよ!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「法外な代金? お姉ちゃん、払ったの?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「いや、倉庫にお金いっぱい預けてるから、あとで取りに行ってから支払うって言ってある」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022134j:plain

衣秋 (!?)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「言うに事欠いて、あのタクシー、寝むたぃさん宛に請求書を送る、みたいなこと言ってて、冗談じゃないっての」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022134j:plain

衣秋 (はわわわわわ)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「って、衣秋が心配することじゃないじゃん、なに青ざめてるの(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「お、お姉ちゃん、私はもう絶対にお姉ちゃんの事を、アホだと笑ったりしない事を此処に誓います」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「え、なに? 意味わかんない。とりあえず寝むたぃさんには、あとで私から連絡しとくから、ほら、行こう?」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「う、うん」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022134j:plain

衣秋 (あの倉庫のお金はお姉ちゃんのお金だったのか。ホットドッグにハマりすぎて、ついホットドッグで散財してしまった...)

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「さぁ、ようやく『呪われた神殿/禁忌の祭壇』に着いたよ!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「って、お姉ちゃん、上、見て...」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「え、上?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「どっひゃー! ほ、ホワイトバルログ!? しかも3体!!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311013826p:plain

ホワイトバルログ「こん」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「しかも何か言ってる。 あと、お姉ちゃん、スカート引っ張らないで」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「衣秋、ここは逃げるが勝ちだよ!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「え、ホワイトバルログってそんなに強いの?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「お姉ちゃんでもなかなか倒せないし、数が多いよ!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「そんな、折角来たのに」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311013826p:plainf:id:funblea:20170311013826p:plainf:id:funblea:20170311013826p:plain

ホワイトバルログ「ボウケンシャ、コロス」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「お、お姉ちゃん、向かってくるよ」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「あ〜もう、というかなんでホワイトバルログがこんなところにいるわけ!? Jr.バルログは!?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 f:id:funblea:20170311013826p:plainf:id:funblea:20170311013826p:plainf:id:funblea:20170311013826p:plain

ホワイトバルログ「ココ イゴコチ サイコウ。ケサ ジュニアバルログ ハイジョ シタ」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「今朝!? 随分タイムリー過ぎませんかねぇ!」

 

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「お姉ちゃん、追いつかれる...!」

 

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「こうなったら、出てきてポポ!」

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170311022030j:plain

ポポ「あ、テシュク! 今日は何して遊ぶ? ポポはねぇ...」

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「ポポ、今日はあのホワイトバルログを、誰が先に倒せるかで競争だよ!」

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170311022030j:plain

ポポ「ポポ、負けない!」

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170311021954j:plain

エカ「なに、新しい遊びでも思いついた? ふ〜ん、あいつらを先に倒せば勝ちね。ひよっこのテシュクじゃ、100年かかっても出来ないよ」

 

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「いいから助けてってば! ピンチなの!」

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「お姉ちゃん、その動物たちのバランスで、よく200レベルまで上げたね」

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「まだ、あと二匹仲間がいるから」

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「なんというか、ご愁傷様だね」

 

 

 

 

 

 

  

 

f:id:funblea:20170311013826p:plainf:id:funblea:20170311013826p:plainf:id:funblea:20170311013826p:plain

ホワイトバルログ「ドレダケ ナカマ ヨンデモ ムダ ダ」

 

 

 

 

 

  

 

f:id:funblea:20170311013826p:plainf:id:funblea:20170311013826p:plainf:id:funblea:20170311013826p:plain

ホワイトバルログ「ヒヨッコ ノ テシュク トヤラ サキニ コロス」

 

 

 

 

 

 

  

f:id:funblea:20170311021954j:plain

エカ「させない!」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022030j:plain

ポポ「ポポも!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドッカーーーン!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「お姉ちゃん、大丈夫!?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022134j:plain

衣秋 (砂煙で何も見えない...!)

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「お姉ちゃん!」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「ふぅ、間一髪だった」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311013826p:plainf:id:funblea:20170311013826p:plainf:id:funblea:20170311013826p:plain

ホワイトバルログ「ナカナカ ヤルナ ボウケンシャ。ツギ ハ オボエテイロ」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「お姉ちゃん! よかった、無事なんだね」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「衣秋! 衣秋も大丈夫そうで、よかった。怪我はない?」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「大丈夫だよ、お姉ちゃん。それよりも、あっという間だったね」

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「うん、みんなのおかげだよ、ありがとうございます、エカ様、ありがとう、ポポ」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022030j:plain

ポポ「エヘヘ」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311021954j:plain

エカ「ふん、テシュクは修行が足りないと思う」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

衣秋「もうここにはJr.バルログは居ないみたいだし、とりあえず街に戻ろっか?」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022101j:plain

テシュク「そうだね、私もタクシー代を返さなきゃいけないし」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022134j:plain

 衣秋 (そうだったー!)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022143j:plain

 衣秋「あ、あの、お姉ちゃん...」

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311021954j:plain

エカ「みんな、前を見て!」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311025806p:plainf:id:funblea:20170311025831p:plainf:id:funblea:20170311013804j:plainf:id:funblea:20170311025821p:plainf:id:funblea:20170311025842p:plain

Jr.バルログ「俺の縄張りを奪い返すために、仲間をつれて来たぜ」

 

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022030j:plain

ポポ「ポポ、お腹空いたから先に帰るね!」

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311021954j:plain

エカ「私も疲れたから、先に休んでるよ。頑張って、テシュク!」

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311025806p:plainf:id:funblea:20170311025831p:plainf:id:funblea:20170311013804j:plainf:id:funblea:20170311025821p:plainf:id:funblea:20170311025842p:plain

Jr.バルログ「ン、お前たち、俺の縄張りで何をやってる。おまえら、まずはこいつらから叩きのめすぞ」

 

 

 

 

 

f:id:funblea:20170311022109j:plainf:id:funblea:20170311022201j:plain

テシュク&衣秋「...え?」